Event:過去ログ

秋田わか杉国体記念大会
 

2006年9月2・3日 会場アルヴェ他



 去る9月2日・3日と全国各地で予選を勝ち抜いた強豪等が秋田市に集結、
第5回全国アマチュアビリヤード都道府県選手権大会-秋田わか杉国体記念大会-が会された。
 会場はBIG SHOTをはじめ、ブレイクスルーさん、そしてアルヴェに特設会場がくまれた。
 特設会場では、やはり全国大会、レベルの高さを食い入るように見ている選手が多かった。そんな中、秋田県女子代表の菊地 直子選手が決勝戦へ進出、2日目に足を運んだ。
 惜しくも決勝1回戦で敗退したが、大会運営という重荷を背負いながらの決勝戦進出は
すさまじい努力だっただろう。
秋田県での大会開催、そして、大成功に拍手を送りたい。ありがとう、そしてお疲れさまでした
 

<選手宣誓>

緊迫した空気の中、秋田県の代表選手、
佐藤 宏樹(BIG SHOT)、佐藤 有美(ブレイクスルー)
両選手による宣誓が交わされ、大会がスタート。
 全国各地から集まった選手等も試合への緊張感を抱きながら、この宣誓に耳をかたむけた。
<開会式風景>

 今回はわか杉国体記念大会であったため、出場者、ボランティア共、大会準備委員会で定められたユニフォームを着用し参列。雑誌で見るような紳士的・魅了するような衣装はなかったものの、、、ビリヤードがスポーツとして認識されてきている事を伺う事が出来る風景であった。
<大会を成功に繋げたボランティアの方々>

 今回の大会を成功に結びつることが出来たのは、日頃からビリヤードを嗜むプレイヤーとしての立場を持ち合わせながら、ボランティアとして大会運営に力を注ぐ事が出来たからであろう。本当にお疲れ様でした
<時の男!三浦 智寛!>

 和歌山で行われた都道府県対抗を経験後、秋田わか杉国体と2つの全国大会を経験し、秋田県チャンピオンシップで堂々の3位入賞!まさしく時の人!そんな三浦 智寛選手にインタビュー予定!!大会経験後自分の中で変わった出来事や気持ちの持ち方etc…いつもと違ったスタッフTOMにアタックヾ(≧(エ)≦)〃
2006年10月号 BIG SHOT NEWSより
 さてさて、10月号で予告したStaff TOM特集
ハイッ(〃ノ∇ノ)…『あれやこれや』教えてもらいました!!

スタッフとしてのTOMは超人懐っこいのに…
一度キューを握ると強面に変身(・∀・)σ

曲がった事は大嫌い、男気溢れる只今30歳、
そんな智寛選手の今に質問を投げかけてみました。

ではイってみましょう( ≧∇)ノ"
Q1)国体が終わり、何か気持ちの変化はありましたか?
A1)特別ありませんが、まだまだ勉強不足だと思いました。気持ちの面では向上心が強くなりました ナルホド
Q2)普段の練習方法は?
A2)基本的に練習はしません。。。お客さんとの相撞きがメインです。練習嫌いなんで(笑)そりゃお店泣かせネ
Q3)尊敬するプレイヤー(プロ・アマ問わず)はいますか?
A3)アール・ストリックランド ミカ・イモネン そう言われればイモネンに似てる。顔が★彡
Q4)目指しているプレースタイルはありますか?
A4)上手いと言われるよりも、『強い』と言われるプレイヤーになりたいデス 十分驚異的ですけど…
Q5)BIGトーナメントの時、プレッシャーを感じますか?その時どうする?
A5)ハウスでは最近は感じません。最近はプレッシャーを感じてダメになるときはあまりないのでいい緊張感はあると思います。だいたいダメになって、後で反省します…。プレッシャーが良い緊張感になるんだ〜
Q6)チビッたら何をする?その解決法はある?
A6)多分解決法はないと思います。。。少なからず皆『チビリ』ながらやってますよ。とりあえずキューを出して入れる事を努力します。そうなのか〜、それも快感になるんだろうか…
Q7)自分に足りないと思うこと、磨きたい技etc…ありますか?
A7)足りてる物なんて1つもないですよ!当面はスキル全体の向上です。まだ×2向上心旺盛★そう来てこそ!!
Q8)後輩クラスのみなさんに『オレはこれで強くなった』方法を教えて下さい。
A8)試合に出ることを勧めます。あとはいろんな人の『球』を見る事、一緒に撞く事ですね。みんなTOMに挑め
Q9)今後の目標は? 
A9)常勝する!!応援してます d(*⌒▽⌒*)b
Q10)ビリヤードはオレにとって○○だ!何が入る???
A10)やっぱり『人生』ですね。BIG SHOTにはいろんな意味で感謝してます そりゃ〜コッチのセリフです
Q11)最後に皆さんに何か一言!
A11)お店で見かけたら気軽に声をかけて下さい。
一緒に球撞きしましょう!!  
アリガトウゴザイマシタ
2006年11月号 BIG SHOT NEWSより